人気ブログランキング |

大好きな上生菓子

大好きな上生菓子_e0092594_2250576.jpg

新しい春の上生菓子が出来上がってきました!
画像は<ちょうちょ>、求肥(ぎゅうひ)製で白あん入りです。

じつはこの上生菓子、ムスメが一番好きなお菓子なのです。
紋白蝶(もんしろちょう)をかたどった上生菓子。
丸い形も愛らしく、たくさん木箱に入っているときなど、まるで生きているよう!
可愛くて大好きです。

生き物をかたどったお菓子は好き嫌いが分かれるところですが、
春の菜の花畑で遊ぶ小さな紋白蝶、なんとも春です。

今週は紅白饅頭の注文が入っています!
今年ご卒業の方、おめでとう御座います。新しい春ですね。
# by wa-gashi | 2006-03-13 22:37 | 季節のお菓子 | Comments(11)

小春日和で<やよい餅>

小春日和で<やよい餅>_e0092594_2210383.jpg

今日の横浜は晴天に恵まれ、小春日和。
春季限定のお菓子<やよい餅>が出来上がりました。
3月~桜の頃までの限定のお菓子です。
やわらかなオモチでさらっとしたこしあんを包み、ひと口サイズにまとめた可愛いオモチです。
桜の塩漬けもあしらってあるので甘み&ほんのり塩味も広がります。
ピンク色のものって春らしくて可愛いですよね。
お店の春の人気商品です。

今日は暖かだったのに明日はまた寒くなる天気予報。
三寒四温とはよくいったもの。
体調を崩さないように注意して頑張りたいです。
皆様もお気を付けて!
# by wa-gashi | 2006-03-08 22:18 | 季節のお菓子 | Comments(2)

梅の花

お雛様のお菓子、お陰様で今年も完売致しました!
一生懸命、職人さんが作ったので嬉しいです。
このブログを読んでくださっている方のなかにもお買い上げ頂いた御客様がいらっしゃるかも!
ありがとう御座いました。
<上生果実の詰め合せ>今年は店頭受け渡しのみだったのですが来年からは
冷凍便で全国御配送も出来るようにしたいと思います。
さて、今日はムスメはお休みの日。
梅の花_e0092594_075924.jpg

今日の横浜はぽかぽかの春陽気!
近所の<旧柳下邸>までお散歩に行ってきました。
こちらは横浜に昔数多くあった<洋館付き邸宅>を復元して一般公開しているところです。
<洋館付き邸宅>ってなに?と思われるかたも多いはず。
日本家屋の一部を洋館に増築している建物です。
洋館の部分は来賓の際などに使用されたりしていたのでしょうか。
ちょっと前(約20年ほど前には)近所に沢山残っていたんですよ。
私が英語を習っていたおうちも洋館つき邸宅で洋館部分を書斎として使われていました。
今日まで<雛人形展>だったのですがちょうどお片づけの時間にあたってしまい
写真がとれなくて残念。でもとても可愛く、それぞれの歴史あるお雛様がステキでした。
こちら<柳下邸>では雛人形の他にも<五月人形><涼を楽しむ><観月会>なと
季節の色々な企画が行われています。和のテーブルコーデネートなと面白そうな
講習会もいろいろあるようです。(企画展の期間限定の<なつかし喫茶>もすてきです。)
なにとりも懐かしいお座敷でほっと一休みもできる、とてもすてきな場所です。

画像の梅は本牧の三渓園のもの。先週末なので画像ではまだ4分咲きほどでしたが
今週末にはきっと見ごろ!JR根岸駅より週末は無料送迎バスも出でて大変便利です。
桜の名所で名高い三渓園ですが梅林もとても見事です。
梅の花_e0092594_020412.jpg
画像は季節の限定商品<梅もなか>
おぐら餡入りの可愛いひと口最中です。
梅が終わったらいよいよ桜のシーズン!
待ちどうしいです。
# by wa-gashi | 2006-03-06 00:25 | 日々のこと | Comments(2)

またまた<桃>の上生菓子

和菓子屋のムスメは友人宅にお茶のお稽古に通っています。
先日のお稽古のお菓子は<桃の上生菓子>でした。
菓子入れに入っているとお店でみるのとはまた違った印象です。
(とてもキレイで可愛く見えます!先生、流石!)
他の生徒さんから<この桃は型を使ってつくるの?>という質問を頂きました。

またまた<桃>の上生菓子_e0092594_21274279.jpg
<桃>の上生菓子はうちのお店では
<型>ではなく<絞り(しぼり)>の技法で作っています。


丸く形成した生地を布巾にのせてきゅっと絞る。(茶巾しぼりの要領です。)
布巾を広げるときゅっと絞られて<桃>の形が出来ているというわけです。
あとはヘラで割れ目を付けて、しゅっと食紅を吹き付けて、葉っぱを付けて出来上がり。
なんて文章で書くと簡単なのですが、<絞り(しぼり)>の技法は難しい。
まさに職人の技術の賜物なのです。
またまた<桃>の上生菓子_e0092594_21105841.jpgまたまた<桃>の上生菓子_e0092594_21112137.jpg
またまた<桃>の上生菓子_e0092594_21124688.jpg


画像は同じ<絞り>技法の<吉野山(よしのやま)>と<鶯(うぐいす)>です。
<吉野山>は<絞り>の技法がわかり易いですよね。
<鶯(うぐいす)>は頭としっぽ部分の2箇所をかたち作るようにきゅっと絞ります。
一番右は以前<和菓子作り教室>で行った<鶯(うぐいす)>の絞りの実演風景です。
一般の方を対象にしたお教室だったのですが、色々な<鶯(うぐいす)>が出来上がって
とても楽しかったです。
# by wa-gashi | 2006-02-26 21:20 | 季節のお菓子 | Comments(6)

節分 豆まき

立春も過ぎたというのに今日の横浜は曇り空の非常に寒い1日でした。
2月3日、磯子区の<金蔵院(こんぞういん)>で豆まきが行われました。
節分 豆まき_e0092594_21381239.jpg

境内には沢山の子供達!元気、元気!みんな張り切って福豆やお菓子、
みかんなどを拾いあっていました。
お豆などの他に小さな紅白の丸餅も撒かれたのですがこのお餅、実は磯子風月堂製!
拾った方に美味しく食べて頂けたら嬉しいです。
節分 豆まき_e0092594_21421861.jpg
本当はこのお餅で作った<お雑煮>を夕飯にしたかったのですが、
人々の勢いに押されてムスメは拾えず、
ゲットしたのはこの福豆1袋のみ…。
でも、なんといっても縁起物!旦那様と美味しく頂きました。

金蔵院には<磯子七福神>の<弁財天>も祭られています。
商売繁盛!しっかり祈願してまいりました!

金蔵院(こんぞういん)
横浜市磯子区磯子4丁目3番6号
JR磯子駅より徒歩15分
# by wa-gashi | 2006-02-07 21:56 | 日々のこと | Comments(0)

北海道に行ってきました。

先週(1月21,22日)に北海道1泊2日の流氷の旅に旦那様と行ってきました。
羽田から飛行機で1時間半!早い、近い!
流氷はまだ接岸しておらず、初期段階の<蓮氷(はすこおり)>という状態だったのですが
凍っている海をみるのは生まれて初めて!感動致しました。
北海道に行ってきました。_e0092594_9565213.jpg

こちら紋別港から出港の<ガリンコ号>からのオホーツク海です。
海面を30センチ大くらいのうすい氷が漂っています。
こちらではアザラシの姿も見ることが出来ました。
翌日はバスに乗って網走→釧路まで。途中、摩周湖などに寄ったのですが
とにかく寒い。寒い!(最高気温マイナス14度!)
羽田で飛行機から降りた時、思わず<あったか~い!>と叫んでしまいました。
寒い地方にお住まいの方は大変ですね。
北海道に行ってきました。_e0092594_1011336.jpg北海道に行ってきました。_e0092594_10113511.jpg

こちらの画像は釧路の<鶴見台>の鶴と
(←ちっちゃくてごめんなさい。)
求肥製上生菓子の鶴です。


これからの季節、知床では<流氷ウォーキング>も楽しめるそうです。
飛行機で1時間半の世界遺産。大切にしたいですね!
# by wa-gashi | 2006-01-31 10:17 | 日々のこと | Comments(6)

小豆粥(お赤飯のお粥)

今日は横浜は晴天に恵まれ春を思わせるぽかぽか陽気です。
今日、ムスメは公休日なのでおうちでゆるゆると贅沢にすごしております。

小学館のビックコミックで<あんどーなつ>という和菓子職人を目指す女の子のお話が
連載されていていつも楽しく愛読しているのですが、そのなかに<お赤飯のお茶漬け>と
いうのが載っていて、美味しそう!(お菓子漫画もちゃんと読んでるんですよ~。)
と思っていたのですが、冷凍庫のなかに自家用に冷凍してあったお赤飯があったことを
思い出して<お赤飯のお粥>を作ってみました。
小豆粥(お赤飯のお粥)_e0092594_13465482.jpg


小鍋に出汁のモト少々を溶かし凍ったままのお赤飯を投入。
(お水の量はお赤飯がかぶるくらい)
そのまま中火で凍ったお赤飯を崩しながら煮溶かして全体が温まってぐつぐつして来たら
溶き玉子をさっと加えて出来上がり。あっという間に出来上がります。
さて、お味は…

美味しい!普通のお米のお粥よりモチ米特有のしっかりさ、小豆(ささげ)の香りもします。
お赤飯をたくさん頂いて余ってしまったら、是非お試ししてみて下さい。
(勿論、冷凍保存して電子レンジや蒸し器で温めなおしてそのまま頂いても美味しいですけど)
今回はかつおの出汁のモトを使用しましたが、塩で仕上げても美味しそうです。
# by wa-gashi | 2006-01-27 13:58 | 日々のこと | Comments(4)

草餅、桜餅の販売が始まりました。

七草も過ぎ、お正月が明けると時間の経つのが早いです。
店頭では春のお菓子<草餅>、<桜餅>の販売が始まりました。
(寒さこれからというところですが、和菓子屋さんの店頭はもう春!早いです…)
草餅、桜餅の販売が始まりました。_e0092594_18372656.jpg

磯子風月堂の桜餅(さくらもち)は焼き皮にこし餡を挟みまくるくると巻き上げた
関東風の形です。
やはり地方によって色々な形があるようですが、素材的には
<焼き皮>と<道明寺>に2分されているようです。
小豆のこし餡のものが多いですね。

関西では桜餅は<道明寺>が多いようで、以前HPの画像を見て
<初めてこの形を見ました~。>と御連絡&御注文下さった関西の御客様も
いらっしゃいました。

さくら色のもちっとした食感の焼き皮&桜葉の香りがなんとも春らしいお菓子です。
(まだ寒いんですけどね!)
# by wa-gashi | 2006-01-10 18:49 | 季節のお菓子 | Comments(2)

テレビチャンピオン <お餅つき>

テレビチャンピオンで<お餅つき>選手権をやっていました。
見事優勝は奈良県の和菓子屋さん!!
同業者のよしみで必死に応援していたので優勝~!決定がとても嬉しかったです。

競技のなかに<餅を鏡餅に形成する>というのがあって一緒に見ていた旦那さまも
<おっ!さすが和菓子屋!うまいね~。パン屋さんもさすがに上手!>とか言っていました。
お餅を形成するときは<外側から包み込むように形成する>のだそうです。
大福やお饅頭の餡を包むときと同じような方法だそう。
つきたてのお餅は柔らかいので大きな鏡餅(直径50cm~)のものになると
風を当てながら3人がかりで形成するそうです。

実はムスメ、年末は店頭が忙しいので現場を見たことがないのです。
(子供の頃は年末工場立ち入り禁止になっていました。)
う~ん。今年は是非、見てみたい!と新年の誓いを立てるムスメです。
# by wa-gashi | 2006-01-05 21:21 | 日々のこと | Comments(2)

初春のお菓子 花びら餅

明けましておめでとう御座います。
どうぞ本年も宜しくお願い致します。

年も明けて3日目。明日から仕事初めの方も多いのでは?
初春のお菓子 花びら餅_e0092594_22202872.jpg

画像は初春のお菓子<花びら餅>です。
お店や地方によってそれぞれのかたちがある様ですが、磯子風月堂のものは
円形の求肥(ぎゅうひ)に菱形の薄紅の求肥と味噌餡、そして牛蒡(ごぼう)の甘煮をはさんで
二つ折にした<菱花びら>という形です。
もともとは宮中の正月食<包み雑煮>を模して作られたという花びら餅。
牛蒡(ごぼう)は干鮎の見立てだそうです。
(求肥ではなくお餅で塩味に仕上げるお店もあるようです。)
現在ではお茶席の初釜に使われることが多いお菓子ですが、
見た目も華やかで初春の限定品なので新年の御客様のおもてなしやお土産に
お求めになる方も多いです。
やわらかい求肥と味噌餡、そして牛蒡(ごぼう)の香りがなんとも爽やかで
春らしいお菓子です。
(制作中は工場中が牛蒡の香りが漂って思わず<春!>という感じになります。)


寒い日が続いていますが、皆様お体に気を付けて今年一年が良い年になりますように。
# by wa-gashi | 2006-01-03 22:25 | 季節のお菓子 | Comments(2)