<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さくら餅の桜葉 天然の香りなんですよ(意外と知られてないですよね)@磯子風月堂

e0092594_23064834.jpg
桜餅が始まると、お店に桜の香りがほんのりと漂います。
良い香り。

しかし、先日、お客様より
<ずいぶん強い香りだけど、これって香料いれてるの?>
と聞かれてびっくり。

いれてません。天然の香りです。
うちのは天然の香り。
(注:もしかすると違うお店もあるかもしれません。)

e0092594_21590893.jpg
桜餅の葉っぱは静岡産。静岡県賀茂郡 松崎町、南伊豆町が産地です。
大島桜という桜の葉。この地域で収穫される桜葉には
香りの成分であるクマリンが多く含まれているそうです。
生産農家の方のためにもご紹介。

ちなみに当店では只今、こちらのお店のものを使用してます。
外岡商店
他、時期により松崎町のものも使用。
静岡大好き しずふぁん
(↑この記事、とっても素敵です。(^^)
桜葉ってこんな風に出来上がってくるのですね。

桜の葉っぱ私は食べる派。
桜葉、美味しいです(^^)

[PR]
by wa-gashi | 2018-02-20 18:22 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(2)

ひな祭りのお菓子が出来ました。磯子風月堂2018

e0092594_10170606.jpg
ひな祭りの和菓子 2018
出来ました。

去年まではお着物が「羊羹」だったのですが、
今年から「練切」になりました。
柔らかく、食べやすい。

e0092594_10515711.jpg
「お着物」の部分はこちらの木型を使います。
女びなさまが梅花、男びなさまが亀甲柄。

e0092594_10554070.jpg

この亀甲の木型は大変古い。ちょっと珍しい柄。
あまりの使い勝手の良さに驚きました。
木の材質が違うのでしょうか?すごく綺麗に仕上がる。


e0092594_10181044.jpg
色付けした練切あんを押して柄を作ります。
ふっくらした錦(にしき)のような
豪華で可愛らしお着物になりました。
ひな祭りのお菓子は可愛いです(^^)
e0092594_11034587.jpg
桜や春の上生菓子と詰め合わせにして
初節句の内祝ギフト、ホワイトデーのお返しギフトにも
オススメです。
磯子風月堂 ひな祭りの上生菓子の一覧はこちら↓
*ひな祭りの上生菓子は2月10日頃から実店舗での販売が始まります。
数量限定の商品の為、ご注文・お取り置きも承ります。
お気軽にお声かけ下さいませ。







[PR]
by wa-gashi | 2018-02-08 11:11 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(0)

桃の節句・ひなまつり☆桃の和菓子の作り方@磯子風月堂

ひな祭りは桃の節句。
e0092594_21262105.jpg
練切製の「桃(もも)」可愛いです。
そして、見た目が非常にリアルなんですよね。
どうやって色付けするのか謎な方も多いと思います。
そこで、作り方の解説。

まずは練切でこしあんを包んで丸く形成。
先を尖らせて、ヘラで割れ目を作ります。
e0092594_08375882.jpg
じゃーん。食紅の黄色と赤を混ぜて色を作り、
金網とボカシ刷毛でシャカシャカして色をつけます。
ふんわり色がついて、桃っぽくなりました。
(エアブラシでシャーと色付けしてるお店もありますが、
うちはシャカシャカ手作業で色付けしてます。(^^))

e0092594_21252509.jpg
緑の練切の葉っぱをつけて、出来上がり。

中国では、古来より桃は厄除けの果物と言われているそうです。
雛祭りのルーツ「上巳の節句」も、もとは厄払いの儀式だし。
ぷりっと可愛らしい姿をみてると癒されます。(^^)

ひなまつりのお菓子・一覧はこちら

*ひな祭りのお菓子は手作りの為、
お届までにお時間を頂く場合も御座います。お早目にご注文下さい。



[PR]
by wa-gashi | 2018-02-08 10:04 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(0)