お彼岸・おはぎ販売中@磯子風月堂

e0092594_19132964.jpg
お彼岸です。暑さ、寒さは彼岸まで、というけれど
昨日は灼熱に暑かったけど、今日は少し涼しい。(^^)

お彼岸のお菓子、おはぎ販売開始。
北海道産あずきの
「こしあんおはぎ」と「つぶあんおはぎ」

e0092594_19111555.jpg

春はぼた餅、秋はおはぎと季節で呼び名を変えるとされていますが
通年で、関西圏はぼた餅、関東圏はおはぎと呼ぶことが多いです。
大正元年生東京生まれ、浅草育ちの和菓子屋祖母は
60代になっても「ぼた餅」の実物を見たことが無かったそう。
呼び分けをしていたのっていつ頃までなんでしょうね。

(2017年は、おはぎはつぶあん・こしあんのみの販売です。)

今でも季節で呼び名を変えている、またはかつては変えていたという
お店があったら、是非、ご連絡くださいませ。

暮らしを楽しむ工夫のサイト、クフールに和菓子歳時記を連載しました。
おはぎ、ぼた餅とお彼岸の由来を書きました。
宜しければ、是非、ご覧ください(^^)>>>和菓子歳時記



[PR]
# by wa-gashi | 2017-09-15 22:59 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(2)

和菓子の材料・寒天いろいろ 磯子風月堂

e0092594_12010805.jpg
十五夜・秋の上生菓子「月うさぎ」。
磯子風月堂の人気商品です。錦玉製

*錦玉(きんぎょく)ってなに?>>はこちら

錦玉の主な材料は寒天です。寒天は海藻由来の凝固剤。
もともとは海藻類を煮詰めたものを、雪の上に晒して凍らせて
さらに太陽の光(天日)で乾燥させたもの。
天日干しの寒天(主に糸寒天)は流通量が少なくなっているので
多くの和菓子店では和菓子用のフレーク寒天を使用しています。
e0092594_22344884.jpg
↑フレーク寒天の画像。 水に漬けてから使います。

*粉寒天=量産品や家庭で手作りする時などによく使われる。
精製されているので他の寒天と比べて、風味・香りが少ない。
透明度が高く仕上がる。

*フレーク寒天=雪晒し、天日干しとほぼ同じ条件を工場で再現(!)
した凍結脱水法で作られる寒天。高級品。
屋内で作る為、塵などの混入が無いので洗わずに使える。
香り・風味が良い。

(雪晒しなどの自然の加工法を機械で再現!というところに
先人の美味しいものに対する執念を感じます。)

磯子風月堂でも和菓子用に作られているフレーク寒天、
伊那食品の釜一番を使用しています。
「月うさぎ」も伊那食品の釜一番を使用。

e0092594_17004218.jpg

香りが良くて、美味しい寒天です。
ネットや大き目の製菓材料店で手に入りますよ。


ちなみに凝固力は 粉寒天 > フレーク寒天 

フレーク寒天を使用するときは、粉寒天の倍量を目安に
置き換えると良いです。(粉寒天5g=フレーク寒天10g)
風味や香りが全然違うので、是非試してみて下さいね。

【おまけ】

e0092594_21502541.jpg
10月の和菓子教室作品:錦玉羹製「月に蝙蝠」
ハロウィン和菓子です。うさぎを蝙蝠に置き換えると雰囲気が変わる。
蝙蝠は田んぼの害虫を食べることから、和では福、縁起のよいモチーフ。
和と洋、位置づけが違う生き物ですね。
(吸血性や草食性など、生息する蝙蝠の種類によるのかも(;^^))


*レシピブログに基本の錦玉羹の作り方をUPしました。
宜しければ、是非ご覧ください!



[PR]
# by wa-gashi | 2017-09-06 17:19 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(0)

月見草、咲いたよ@横浜和菓子 磯子風月堂

昨日は酷暑だったのに、今日は涼しい。
寒暖差の激しい横浜です。

e0092594_15380205.jpg
秋のお花、月見草。待宵草(まつよいぐさ)。
きんとん製・北海道産小豆のつぶ餡入り。

白色やピンクのお花もありますが、和菓子では黄色のお花を
「月見草」の名でお菓子にすることが多いです。

月見草WIK
黄色で大型のものは正確には「オオマツヨイグサ」のようです。
夜に河原敷などに、沢山咲いてると綺麗ですよね(^^)

今年はお花の形を月っぽくまん丸にしてみました。
(乾燥対策で冷蔵庫に入れていたのでケースに霜が付いてます。
ホコリじゃないです。)

e0092594_15474247.jpg
おまけ:いただき物のミント。知人のお庭で茂ったもの。

綺麗な形だったのでキッチンに飾ってます。
香りが良くて癒される。
ミント、うどんなどの薬味にしても美味しい。
カツオ出汁と合います(^^)

季節の変わり目、どうぞ皆様もご自愛下さい。
(周囲で風邪発生多数。。。。)


[PR]
# by wa-gashi | 2017-08-31 15:43 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(0)

十五夜 お月見 月見団子ご予約開始@磯子風月堂 2017

十五夜のお月見だんごのご予約を開始致しました。
お盆を迎えて、和菓子屋はそろそろ秋。

e0092594_21051487.jpg
毎年ご好評頂いている月見だんご 黄味あん入り。
十五夜限定商品。数量限定なので、ご予約下さい。

e0092594_12010805.jpg
こちらは十五夜の上生菓子、月うさぎ
秋の錦玉羹。錦玉に練り切りのお月様。

*錦玉(きんぎょく)ってなに?はこちら

e0092594_21081265.jpg
冷たくひやしても美味しい和菓子です。

e0092594_12034455.jpg
人気のうさぎだんご、ちびうさぎも(^^)

十五夜・十三夜2016 磯子風月堂の一覧はこちら
横浜和菓子匠磯子風月堂YAHOO店

実店舗では上生菓子は9月5日、ちびうさぎは9月15日頃から販売予定。
(月見だんごは10月3日~4日予定)
2017年の十五夜は10月4日。
今年も晴れるといいですね。



[PR]
# by wa-gashi | 2017-08-19 12:46 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(0)

お題は「西瓜(すいか)」!県民共済親子和菓子作り体験@桜木町

毎日暑い横浜です。
来週の日曜日は夏休み県民共済親子和菓子作り教室。
8月のお教室です。

今回のお題は
西瓜(すいか)!
e0092594_17064469.jpg
夏の果物、スイカを作ります。

e0092594_17031098.jpg
中は赤い。タネは黒ゴマです^^

夏休み教室なので西瓜(スイカ)の歴史も。

原産地:熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯

西瓜(すいか)は中国から日本へと伝わり、
江戸時代には広く栽培される身近な作物(果物)になったようですが、
当時のスイカはあまり味が無かったようで、
明治~大正期に品種改良が進み、
現在のような美味しい西瓜が生まれたようです。

神奈川県三浦市はスイカの名産地。
明治中期頃から栽培が始まって
昭和初期から神奈川県のスイカの一大名産地に。

*三浦市農業協同組合HP

こちらは種苗会社のHP・スイカの歴史↓

明治時代以前にはスイカの果実や花は、縁起ものとして扱わなかったようで
西瓜文様やスイカモチーフの伝統銘菓というのはとても少ないです。
現在だと”夏の果物”の代表選手で
スイカモチーフの夏小物がいっぱいありますね(^^)

こちらは歌舞伎座のHP。西瓜を食べてる江戸美人。
江戸時代の西瓜はあまり甘くなかったみたいですね。


一応、ウィキも

夏休み親子和菓子教室2017はこれで終了。
気が付けば、8月もあと僅かですね。
暑いけど、頑張りましょう!

*和菓子教室のお知らせ
10月の和菓子教室の申し込みが始まりました。
関内の横浜市技能文化会館で開催。
2017年10月7日 10:00~12:00
詳しくはこちら
錦玉のハロウィン蝙蝠(月に蝙蝠)と練切製 かぼちゃを作ります。


[PR]
# by wa-gashi | 2017-08-12 12:46 | イベントのお知らせ | Trackback | Comments(0)

超絶ブルームーン@宇宙食堂 青い月の和菓子 磯子風月堂謹製

ブルームーンは青い月。
e0092594_15145893.jpg
でなく、正確には1ヶ月のなかで
2回または3回目に見れる満月のことを言うらしい。

宇宙をテーマにした演劇ユニット・宇宙食堂の舞台、
”超絶ブルームーン”をイメージした和菓子を作りました。
(*2017年7月30日の最終公演日に吉祥寺シアターで限定販売)


e0092594_15151760.jpg
青い錦玉に白い練切のお月様を沈めて。
羊羹製のうさぎさん。菓銘は翠い望(あおいつき)

錦玉(きんぎょく)って何?はこちらをクリック
e0092594_15143827.jpeg
練切玉には銀箔付き。

青いお菓子って神秘的ですね。
色付きの錦玉は初めて作ったのですが、涼やかで綺麗。
ブルームーンの月(2018年?)か今年の十五夜に
お店でも販売しようかと思っています。

e0092594_15152783.jpg
SNSを確認したところ、舞台は盛況だった模様。
お菓子も好評をいただけたようで、良かったです。(^^)

*別注の和菓子は30個~、1個¥320~で承ります。
どうぞ、お気軽にお声かけ下さい。
(*数量・材質により価格は変わります。)

[PR]
# by wa-gashi | 2017-07-31 15:33 | イベントのお知らせ | Trackback | Comments(2)

和菓子教室 菊の花@神奈川県県民共済ビル&小学校の総合学習

今日は神奈川県民共済会員向け
夏休み親子和菓子教室に出張致しました。
e0092594_21091884.jpg
練切製 鋏菊(はさみぎく)を作ります。
難しそうに見えるけど、ゆっくり作るとお子様でも綺麗に作れる。
個性的な綺麗な菊花がいっぱい咲きました。
e0092594_13202143.jpg
こちらは横浜市内の小学校の総合学習の時間、
和菓子作り体験作品 雛菊(ひなぎく)。ころんと丸くて可愛い。

菊花は本来は秋のものなのですが、
夏の季節の総合学習で実習したのは生徒から

”ネットで和菓子を検索すると菊の花が多く出て来るのは何故?”
という質問を戴いたからです。

おお、素晴らしい気づきです。
なぜなら、菊花は”格調高い気品のある花”だから。
仏花に使うのもご先祖様に対しての
”尊敬”の気持ちが込められています。

菊花の生花は、仏花のイメージが強いですが
和菓子や着物など和の世界では”格調高い気品ある花”として
現在でも文様やモチーフがお祝いの席で使われています。
e0092594_13200922.jpg

菊花という事で、手拭や材料を運ぶ風呂敷なども”菊花”で統一。

e0092594_12534093.jpg
こちらは風呂敷。推定50年前のもの。
贈答や婚礼用の布団は運搬するときに
菊花柄の大判の風呂敷はで包んだりすることもあったそうです。
e0092594_12581171.jpg
(↑こんな柄です。プリントでなくちゃんと染め抜きなところも凄い。)

e0092594_12562373.jpg
(手拭 2種の菊花柄。左:むじな菊の大柄 右:菱菊の小紋柄)
どちらも約20年位使っているので青色が少しあせてきて、
優しい色合いになりました。現代のもので、”かまわぬ製”。

古典柄をモダンにアレンジした柄です。
むじな菊って花びらが動物の毛並みみたいに見えるところから
”むじな”らしい@@。

和の古典モチーフには色々な意味があることが多い。
ちゃんと、バックボーンも伝えていかなくちゃ!とおもいました。(^^)



[PR]
# by wa-gashi | 2017-07-24 13:37 | イベントのお知らせ | Trackback | Comments(0)

夏の上生菓子 西瓜 すいか スイカ@磯子風月堂

梅雨なのに雨が少ない横浜です。
夏の上生菓子 西瓜(すいか)です。

e0092594_17031098.jpg
夏休みKIDS和菓子教室用に作ったお菓子なのですが、
お問い合わせを多数頂いたので、受注生産で商品化することになりました。
切ると中が赤くて、タネは黒ゴマです(^^)

追記:お問い合わせ多数につき、店頭販売を始めました。
お店に可愛く並んでおります。2017年7月28日現在

e0092594_17051889.jpg
すいかって,可愛いですね(^^)

e0092594_17064469.jpg
夏の上生菓子、西瓜(すいか)詳しくはこちら
暑中見舞い、残暑見舞いのプチギフトにもおすすめです。
店頭渡しも承りますので、お気軽にお声かけ下さいませ(^^)


[PR]
# by wa-gashi | 2017-07-09 17:10 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(4)

水まんじゅうの販売開始@磯子風月堂

夏のお菓子、水まんじゅう。ひんやり、美味しい。ぷるん・ぷるん。
e0092594_10453295.jpg
水ようかんの”つるっと”した食感と違った
”もちっと”したひんやりスイーツ。
う~んと冷たくして食べたいですよね(^^)

e0092594_10455613.jpg
しばらくお休みしていたのですが、本年度より販売開始。

北海道産小豆のこしあん入りです。
食べやすいカップ入りです。
e0092594_10473229.jpg


磯子風月堂の「水まんじゅう」は葛・寒天と海藻由来の成分使用。
こしあん入りです。

実は「水まんじゅう」は「透明感ある素材であんこを包んだ饅頭」の総称で
葛や寒天、また片栗粉などのデンプンや道明寺羹、
有名な大垣のものはワラビ粉入りだったり、お店によって素材はいろいろ。
でもそれぞれに、個性的な風味があって美味しい和菓子ですよね(^^)
また、「葛桜」というお菓子の代わりに作られて発達した経緯もあるので
比較的、歴史の新しいお菓子です。

「暮らしと子育ての使える工夫」のサイト・クフールに
葛とくず餅の記事を書きました。「葛桜」が忘れられていくのはとっても寂しい。



☆磯子風月堂の水ようかん、水まんじゅう、通販も始めました。
冷凍便でご配送承ります。半解凍で食べても美味しいですよ。
6月16日は「和菓子の日」でした。6月の和菓子は御利益があるかもです(^^)





[PR]
# by wa-gashi | 2017-06-18 10:53 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(2)

cluel7月号 きらきら錦玉あじさい@磯子風月堂

e0092594_10104820.jpg


きらきら錦玉紫陽花 紫陽花の和菓子
美しいあじさい&6月のイメージショット!

磯子風月堂のきらきら錦玉製 あじさいの和菓子。
冷やしても美味しいのよ。
2017年 CLUEL7月号「スイーツ探検隊」に掲載されました!

e0092594_09511741.jpg
可愛く撮影してくれてありがとう♪
今回の「スイーツ探検隊」は和菓子のようで他のスイーツも
ひんやりと可愛く、そして美味しそう。

e0092594_09512914.jpg
CLUEL 夏のお嬢様特集。
とっても可愛い雑誌です。

80年代に”リアル”オリーブ少女だった私は、
なんだか当時を思い出して嬉しくなりました。
毎月の発売日が楽しみだったな~。
(14歳から30代になって休刊になるまでずっと読んでました(;^^)

ついに横浜も梅雨入り。さえないお天気の日々になりますが
皆様もどうぞご自愛ください。
夏の始まりです!


[PR]
# by wa-gashi | 2017-06-11 10:23 | 季節のお菓子 | Trackback | Comments(2)